コミュニケーションをとらないコミュニケーション術~自分の人生歩んでますか~

2019 5/09
コミュニケーションをとらないコミュニケーション術~自分の人生歩んでますか~

どーも。

ナカマロです。

今回は敢えてコミュニケーションをとらないコミュニケーション術です。

相手の為に近づくばかりがコミュニケーションではありません。

私は主に良好な関係を築くことをコミュニケーションと考えます。

互いに円滑に物事が進むのであれば、それもコミュニケーションの一つと言えるでしょう。

コミュニケーションとは、お互いに意思の疎通を図るために意見を交わしあい、意見や方向の共通認識やすり合わせを行うものであり、互いに対等な立場でなければいけないと考えます。

ところが、そもそも人づきあいが苦手な人はコミュニケーションと聞けば、相手を尊重しできるだけ相手を立てて気分よくなってもらい、仲良くなろうと試みてしまいます。

すると相手は自分の言うことをよく聞いてくれる・自分の意見が通りやすいと認識してしまい、その人を自分の部下のように扱いだします。

仕事においては先輩社員が後輩社員に対してこの状況に陥りやすいです。もちろんん立場的に会社員の先輩であれば対等は難しいかもしれませんが、それは先輩社員の歩み寄り次第ですので、歩み寄るつもりがないのでしょう。

もちろん場合によっては相手に合わせることも重要です。

しかし、合わせすぎた結果どうなるでしょうか。

  • 自分の意見が言えない
  • 相手が意見・考えを押し付けてくる
  • 相手がまるで命令のように物事を言う
  • 言うことを聞かないと怒りだす

性格によるものもありますが、もしかするとあなたの言動が相手をそうさせているのかもしれません。コミュニケーションとは意見を交わすもので、相手の言うことをすべて受け入れると言うものではありませんので、しっかりと意見を伝えましょう。

しっかりとしたコミュニケーションがとることができれば、

  • 自分の意見をはっきりと言える
  • 相手の違う考えを共有できる
  • 考え方の幅が広がる
  • 良好な人間関係が築ける



このようにお互いの意見を聞きあうことで、違う意見・考えがあることを共有できます。それにより自分の考え方も広がります。対等に話せることで互いの信頼も出来上がってきます。つまりはお互いに分かり合おうとする事です。

うまくコミュニケーションをとりたいものです。

では今回のコミュニケーションをとらないコミュニケーションとは何なのかってところですが、簡単に言うと分かり合えない人とは距離を置くというものです。

合わない人って色々ですよね?

仕事が合わない人、考えが合わない人、趣味が合わない人、お酒の飲み方が合わない人…。

多くの人が、趣味や遊びが合わない人とは遊ばないし合わせないのですが、仕事などになると合わせようとしてしまうのです。

優しいあなたは仕事の考えや進め方が違う人にも一生懸命相手を知って分かり合おうとしてしまいます。

しかし、相手はあなたのそのやさしさに甘え、一切分かり合おうとはせず、一方的に自分の意見・考えを押し付けてきます。勇気を出して自分の意見を伝えても生意気だ。調子に乗っているなど、あなたの意見・考えを全力で潰そうとし、更には人格否定をして、すべてを自分の意のままにしようとします。

それでもあなたは『なぜ分かり合えないのか?』『自分の何がいけないのか?』と思い悩み、分かり合おうと必死です。

よく考えてみてください。

そもそもそんな人と分かり合う必要ありますか?相手はそんな気更々ありません。

つまり、何をやっても分かり合えるわけないのだから最初から距離を置いておけばいいのです。

しかし、あなたが距離をとっても相手はどんどん近づいてきます。あなたを操ろうと必死になっているからです。自分の思い通りにならないのが嫌なのです。

ちょっと待って!

思い通りにならないと相手もイライラしますよね?近づいてくるとあなたも嫌になりますよね?

ですから、敢えてコミュニケーションをとらない方がお互いの為にもなるのです。

目次

分かり合えない相手の対処法

では、分かり合えない人とはどのように付き合っていけばよいでしょうか?

割り切って付き合う

そんな人もいるさと、割り切って付き合うことです。

『あなたはそのような考え方を持っているのね』と理解まではいかなくともそんな人なんだと諦めることです。相手の意見にいちいち反応せずに流しましょう。

反応すると相手は喜んで、更に反応を求めるために追い込んできます。

近寄らない

仕事上むずかしかったりもしますが、極力近寄らないことです。

物理的に距離を置き、関わる可能性を下げることであなたに接する回数も減ってくるでしょう。

  • 朝礼が終わったら即座に事務所を出る。
  • 常に違う人のそばにいる、ほかの人と話す。
  • 相手と顔を合わせないタイムスケジュールで動く。 など

無理して合わせようとしない

そもそも人¥はそれぞれ考え方や正しいと思うことが違うのですから、完璧に合わせようなんて無理な話です。仲の良い人や話が合う人は、まったく同じというわけではなく考えが近かったり寄り添ってくれているのです。

分かり合えない人の事をわかろうとすることは無駄な時間を過ごしてしまっているのです。

どうしても会社や限られたコミュニティの中では、みんなと仲良くうまくやらなくてはいけないと思ってしまい、視野が狭くなりがちです。

この世の中にはたくさんの人がいます。狭い視野になってしまわずに、分かり合えない人は放っておいて、分かり合える人とだけ仲良くすれば良いのです。

自分の人生を歩む

他者を思いやって生きていくことはとても大切だと思います。

しかし、あなたの人生の時間を奪っている人は周りにいませんか?

他者の求める人生を歩んではいないでしょうか?

あなたの人生あなたのものです。付き合っていく人をあなたが選んでも何も問題ありません。

分かり合えない人とは距離をとって全然問題ありません。

ただし、お互いの歩み寄りがあっての人付き合いです。

一方的に決めるのは、あなたが分かり合えないと思っている人と同じことをしていることになります。

『類は友を呼ぶ』

悪口をよく言う人の周りには悪口を言う人が集まります。

いつも笑顔で明るい人には明るい仲間が集まります。

どのような仲間が集まるかはあなたの歩んだ道次第です。

求める前に与えることも忘れてはいけません。

円滑なコミュニケーション・人間関係を築くために

コミュニケーションをとらないコミュニケーション術

も必要ではないでしょうか。

関連記事

コメント

コメントする

目次