【簡単解説】家を食べちゃうシロアリの生態。

2019 7/07
【簡単解説】家を食べちゃうシロアリの生態。

どーも。

アラサーリーマン “Nakamaro” です。

今日は大切な家を食べちゃう『シロアリ』についてです。

私は仕事柄、害虫・害獣に多少知識がございます。皆様のお役に立つ情報を流せたらと思いまして、少しづつ発信していこうかと思います。

小難しいことは無しにして、とっても簡単に解説していきます。

目次

シロアリは、アリではない!?

いきなりすべてを否定するような言葉ですが、シロアリは蟻ではありません。実は、ゴキちゃんのお仲間なんです!

生態系が蟻に似ている、姿が蟻に似ている、色が白いってことで『シロアリ』です。

世界には約3000種類ほどのシロアリがおり、日本には23種類が生息しております。

しかし、そのすべてが家を食べちゃうわけではありません。

シロアリの種類

日本に生息するシロアリのうち、主に家を食べちゃうのは

  1. ヤマトシロアリ
  2. イエシロアリ

主にこの2種類です。正確にはもう少しいるのですが、滅多にお目にかかりませんので、今回は割愛いたします。

シロアリは社会性昆虫で、蟻と同様に役割(階級)を分けて生活しています。シロアリと呼ばれる所以ですね。

生態は不完全変態と言って、生まれた時と大人になった時の形がほぼ変わりません。これはゴキちゃんやバッタと同じ為、それらの仲間と言われます。

簡単な生態

では、どのように生活しているか簡単に解説します。

  • ナンバーワン:女王・王
  • 巣の守護神:兵蟻(へいぎ)=兵隊蟻 2~3%
  • 働き者:職蟻(しょくぎ)=働きアリ 90~95%    以上です。

家を食べるのは、働きアリです。と言うよりは働きアリしかご飯を食べれません。女王蟻も兵隊蟻も働きアリから栄養を分けてもらいます。

ご飯も自分で食べられないなんてかわいいやつらです。

ご存知の通り、巣を作ってみんなで生活しています。

巣から蟻道(ぎどう)と呼ばれる通り道を作り餌場と巣を繋ぎ、行き来します。

またシロアリも水がないと生きていけないので、水場と繋ぐ水とり蟻道と呼ばれる道も作ります。

生息場所

ヤマトシロアリの場合は餌場と巣が同じ場合が多いです。彼らは水を運ぶ力を持ちませんので基本的に湿った場所に生息します。

巣と餌場が同じか近い場合が多いので、湿気が多く湿っている部分や1階部分に被害が目立つことが多いです。

イエシロアリは自ら水を運ぶことができるので地中に固定の巣を作り、ドンドン蟻道を伸ばし被害を広げていきます。1階から天井裏まで家全体を加害します。

シロアリは空気を嫌います。普通の蟻とは違い単独で外を歩き回ることはなく、常に蟻道の中を歩いています。なので家を食べられた時も、巣の位置の特定は非常に困難です。駆除対応は業者さんに任せましょう。

活動時期

ご存知の方も多いかと思いますが、梅雨時期から夏にかけてが一番活発です。最近は暑くなってきたので冬直前まで元気なことも多いです。

また、シロアリは冬眠しません。冬でもすこ~………しだけ活動します。ほぼしませんが。だから冬だから大丈夫ってわけでもないんですよね。年中注意が必要です。

繁殖期は、ヤマトシロアリが4~5月(東北は6月)・イエシロアリが5~6月(関東より北は生息無し)  

※詳しくはシロアリ分布図なるものがあります。

自動販売機や街灯に飛び回っているのが繁殖期のシロアリ達です。飛び回ってるやつらは家を食べることはできませんので、家に入ってきたら掃除機で吸っちゃて下さい。

被害がある場合は家の中を驚くほど飛び回ります。何百~何千単位で飛び回ります。助けを呼んでくさい。

どのような家が被害にあうのか?

日本は木造住宅が主流です。最近では軽量鉄骨のハウスメーカーも多く活躍してますね。

ではどのような建物が被害にあうのでしょうか?簡単に説明すると、

全部です。

画像

いやいや、うちは鉄骨だから大丈夫だよ。

画像

うちは床下コンクリートだし、今まで大丈夫だったし、これからも大丈夫よ。

ダメです。

では、なぜダメなのかと言うと、あなたのおうちは全部鉄製ですか?

床も、ドアも、柱も。木材の部分は全くないですか?

実際にビルやマンションが被害にあった事例もあります。極端な話コンクリートを溶かして蟻道にしてしまうこともあります。やわらかい鉛などは簡単に溶かします。

鉄骨の家でも油断は禁物ですので注意しましょう。

鉄骨系の家は主軸は鉄骨ですが、壁の中の柱やフローリング等は木材です。そこをシロアリに食べられる被害が一番多いです。鉄骨なので倒壊はしませんが、早期発見ができないと広範囲にわたり被害にあうことがあります。

シロアリの被害を防ぐには?

シロアリの被害を未然に防ぐには、まずシロアリの定期診断を行いましょう。新築時はどのご家庭もシロアリ保証が付いています。保証満了時に点検は行われているはずですが、ほったらかしにしていて今はどうなっているかわからない場合が多いです。

その場合建ててもらったメーカー・工務店に問い合わせましょう。お抱えのシロアリ業者を連れてくるはずです。

工務店がない。メーカーは対応がいまいちで信用できない。そんな場合は地域のシロアリ屋さんに問い合わせましょう。ほぼどこの業者も無料で診断・見積もりを行ってくれます。もちろん必ず工事をしないといけないというわけではありませんので、見てもらうだけでも見てもらったほうがいいです。

最近は高気密高断熱。床暖房。とっても快適な設備が整っています。冬でも暖かく過ごしやすいですよね。つまりそれは…

シロアリにとっても過ごしやすい。

寒いと動けないシロアリが冬でも元気に動いちゃうってことですね。

脅すわけではありませんが細心の注意を払い、定期的に診断してもらいましょう。

次の機会に、シロアリを予防する方法などご紹介したいと思います。大切なおうちを守りましょう。

ではでは。

ヤマトシロアリ豆知識

  • ヤマトシロアリは25頭生き残れば巣を再生する
  • ヤマトシロアリの蟻道のトンネルの大きさは兵隊蟻の頭の大きさぐらい。
    ※ヤマトシロアリの兵隊蟻は、あまり戦う気がありません。なので敵の侵入を防ぐため、自分の頭で道を塞ぎ仲間を逃がす時間稼ぎをする為。

関連記事

コメント

コメントする

目次